眼精疲労

PCやスマートホンなど「視覚情報化社会」になり、“目の疲れ”を訴える方は増加するようになりました。

ちょっと目を休めたり、睡眠により翌日には症状が消失してしまうものは、『生理的眼精疲労(眼疲労)』といいます。これは、「目がちょっと疲れた」範疇に入るので、いわゆる“目の疲れ”です。

 

問題になるのは、この症状が改善せず継続しているときは、からだの異常状態として『病的眼精疲労』になります。

 

特に、ディスプレイ・キーボードなどを使用した作業で現れる症状、“目の疲れ”・“ドライアイ”・“目の奥の痛み”・“頭痛”・“頸肩こり”などを訴える症候群を『VDT症候群』といい、産業衛生で大きな問題になっています。

VDT作業で、“目の疲れ・痛み”を訴える女性は90%以上、“頸肩のこり・痛み”を訴える女性は80%以上です。

眼精疲労の症状セルフチェック

目の症状がある

・疲れを感じる

・画面がぼやけて見づらい

・乾きやすい

・充血している

頭痛がする
吐き気やめまいがする
食欲がない
肩・首・背中が重い、痛い、ひどくこる
腰・足にだるさを感じる、冷たい
翌朝まで疲れがとれない
熟睡感がない
仕事などへの意欲がわかない、すぐイライラする

 

パソコン環境チェック

PCの連続利用時間が1時間を超える
PC画面に直射日光や照明が映り込んでいる
PC作業の時、室内の明るさと手元の明るさに差がある
PCの作業スペースにゆとりがない。
不自然な姿勢で利用している

・背筋が伸びていない

・椅子に深くもたれかかる

・画面に前のめりになっている  など

いくつもの作業を同時に取り扱うことがある

 

2つのチェックシートの合計で、7つ以上の項目に当てはまる人は、VDT症候群の可能性が高い人です!

 

VDT症候群 ~IT眼症、テクノストレス眼症~とは…

パソコンなどのディスプレイを使った長時間の作業により、目や身体や心に影響の出る病気のこと。

VDT作業中の「近距離注視による調節機能の低下」により、さまざまな症状が現れる症候群。

チェックシートの項目は、まさにこの症状。

 

「近距離注視による調節機能の低下」は、水晶体という目のレンズを調節している“毛様体筋”の疲労のこと。

この“毛様体筋”が縮むことで、近距離を見ることができます。

つまり、ずっと縮んでいないといけないので、“毛様体筋”が疲れちゃうんです。

この時の疲れを僕らは『眼精疲労』と感じます。

 

「ドライアイ」

僕らは、1分間に通常は20回ほど瞬きをすると言われています。

この瞬きによって、涙を眼球全体に広げて、目に潤いを与えます。

VDT作業中では、この瞬きの回数が1/4~1/3に減少してしまい、目の表面が乾いてしまい、結果「ドライアイ」になります。

 

気を付ける必要があるのが、この『眼精疲労』は交感神経の緊張が持続している症状でもある点です。

「視覚情報化社会」の大きな問題点は、脳がいつも興奮状態にあるということです(アロスターシス)。

この興奮状態もいつかは疲れ切ってしまいます(アロスターシスの破綻)。

これが、『うつ病』の引き金になっています。

 

だから、頑張り過ぎよりは、ほどほどに…

美味しいアイブライト・菊花・枸杞子などのハーブティを飲みながら休憩をしましょう。

 

一連続作業時間60~90分の作業時間内に1~2回程度の小休止を設けましょう。

また、一連続作業時間と一連続作業時間の間に、10~15分の作業休止時間を設けましょう。

 

「いずみ先生、みんなに休みなさいって指導しているのに、先生、ぜんぜん休んでない!」って、みんなにからかわれます(笑)

 

水分を取りながら作業していると、トイレに行きたくなるので、このタイミングで休憩にして下さい。

そして、軽く頸や肩甲骨のストレッチをするように指導しています。

 

また、蒸しタオルなどで、目を温めるのもとてもいいです。

お灸では、こんな温め方もあります!

“くるみ灸”(2018.01.28 『ホリスティック臨床鍼灸学 眼精疲労』)

誰か手伝ってくれるなら、頸のお灸もおすすめです!!(2017.12.03 『せんねん灸のお灸教室』)

症状がひどい場合は、ぜひ、一度、鍼灸治療を体験してください。

特に、「目の奥が痛い」人は、『眼窩内刺鍼』という特殊鍼法が効果を発揮します。

特別な鍼技法なので、多くの治療院では行っていません。

『眼精疲労』でお困りの方は、ぜひ、ご予約下さい。

 

ホリスティック鍼灸治療院のお問い合わせ

TEL:03-6913-8520 FAX:03-6913-8519
info@asian-medicine.jp
Web Site : http://asian-medicine.jp
Facebook : https://www.facebook.com/asianmedicine.jp/
しんきゅうコンパス : https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/30434/

ホリスティック・ケアについてもっと知りたい!という方へ

ホリスティック・ケアセンターのメンバーが記事を書いています。

ホリスティック・ケア通信(無料)購読はこちらから
↓ ↓ ↓
https://kamiogi.vinaya-ayurveda.com/news/newsletter/